IT系の資格取得者を集めるのに苦労します

IT業界では「IT系の資格取得者」を優遇する傾向があります。いわゆる「プログラマ」や「システムエンジニア」は無資格でも仕事をすることができるのですが、当然、日々の業務レベルや技術者としての力量は長く付き合わないと判断できません。そのため、派遣契約などをする際にはクライアント側から「資格取得者がほしい」と指定されるケースが多いです。これは「資格取得者=ある程度の知識と力量を持つ」という客観的な判断が出来るためです。もちろん、有資格者だから優秀な技術者‥という訳ではないのですが、無資格でも仕事ができるIT業界‥クライアント側からすれば、ある程度、客観的に評価できる基準(資格を持っているか否か)をクリアしている人材の方が安心‥と考えるようです。
当然、入社後に資格を取らせるべく研修や補助金制度は設けていますが、採用当初から有資格者である方がおのずと優遇されてしまいます。しかし「有資格者そのものが少ない」のが現状。その中から「採用試験を受けに来てくれる人材」も少ないために有資格者獲得は採用側の大きな課題となっています。