IT技術者は求人記事を出せば来るわけではない

IT技術者確保は本当に大変だなーと思います。などとのんきな感想を述べている場合ではないほどに、人手不足な現場は大変ですよ。だって、下働きのITエンジニアも人出が十分に足りていない状態につき、プロジェクトマネージャー自らプログラミングすることだってありますからね。そのぐらいに、IT会社は現場によっては人手不足なのです。
ですから年中求人記事を出しているIT関連会社だってあるのです。しかし人はなかなか来なかったりするのですよね。もちろん自社のホームページにも、ITエンジニアの募集記事は出しているのですが、自社のホームページからはまずもって応募が来ないのですよね。
じゃあ、どこからならばITエンジニアの応募が来るのかと言えば、やっぱり転職サイトなのです。IT技術者の転職にしても、転職サイトをチェックして就職活動を行う人が多いからでしょう。
ですからIT会社側としても求人記事を出すのは転職サイトになるのです。なので「求人記事を出すのもお金がかかる」のです。しかし収穫がなかったりしますので、それはもうお金のロストなりますよね…。求人記事を出せばくるわけでもありませんから、IT技術者の確保は本当に難しいです。