IT系の技術者確保に苦労すること

わたしは、システム開発業の部長をしています。社員の技術者を確保するために苦労することはたくさんあります。ネットでの募集や人脈を利用して声をかけたり、広告代理店に頼んだりして人材確保するために常日頃行っています。常に人材を募集している状態にしてあるのですが、なかなか集まりません。募集をかけたあと、数人集まると会社で面接を行って、こちらとしては大歓迎なのですが、辞退する方が多いのが現状です。なぜなら、うちの会社は給与の面でほかのIT企業より低いのです。その給与の面を補うために退職金制度などもおこなっているのですが、やはり面接にきた人たちは、自分が望む年収と会社が出せる給与金額が納得いかないみたいです。うちの会社は、中小企業で給与が安いのを前提として若い人材、経験が浅くても受け入れるように努力をしています。未経験者でも、面接を行ったときしっかりした考えや目標があれば採用するようにしいます。入社後も、外注先に常駐している社員とまめに連絡や様子を見に行くようにしてはいるのですが、人材確保は難しいですね。