IT技術者の確保について

昨今IT技術の発展にはめざましいものがあります。特に自動車関連業界はI自動車の自動化に向けて技術者の確保に必死です。しかし、IT技術者の確保は想像以上に困難なのが現状です。

IT技術者と一口に言っても、その中身は様々な分野に分かれています。アプリケーションや組み込みソフトウェア、サーバ系やWeb系もあります。その中でも開発を主にやってきた方もいれば、運用・保守が中心だった方もいます。テストしかやってこなかった方も中にはいるかもしれません。このようにITのスキルは幅広いめ、企業が求めるスキルと求人を受ける側のスキルがマッチしないことが多くあります。開発チームの中心を求めていたのに、実はテストしかやれない方が入ってきても何の役にも立ちません。

IT系の技術者を採用する際は、現場が求めるスキルと求人に応募してきた方のスキルマッチングがきちんとできているか把握することが重要です。また、できると一口に言っても人によって程度が違うこともよく覚えておく必要があります。

IT技術者は求人記事を出せば来るわけではない

IT技術者確保は本当に大変だなーと思います。などとのんきな感想を述べている場合ではないほどに、人手不足な現場は大変ですよ。だって、下働きのITエンジニアも人出が十分に足りていない状態につき、プロジェクトマネージャー自らプログラミングすることだってありますからね。そのぐらいに、IT会社は現場によっては人手不足なのです。
ですから年中求人記事を出しているIT関連会社だってあるのです。しかし人はなかなか来なかったりするのですよね。もちろん自社のホームページにも、ITエンジニアの募集記事は出しているのですが、自社のホームページからはまずもって応募が来ないのですよね。
じゃあ、どこからならばITエンジニアの応募が来るのかと言えば、やっぱり転職サイトなのです。IT技術者の転職にしても、転職サイトをチェックして就職活動を行う人が多いからでしょう。
ですからIT会社側としても求人記事を出すのは転職サイトになるのです。なので「求人記事を出すのもお金がかかる」のです。しかし収穫がなかったりしますので、それはもうお金のロストなりますよね…。求人記事を出せばくるわけでもありませんから、IT技術者の確保は本当に難しいです。

IT系の技術者確保に苦労すること

わたしは、システム開発の仕事をしています。システム開発の技術者確保で苦労したことは、まず経験が少ないと仕事が入ってきません。新卒の未経験者をとっても、外注先で仕事が決まらないと自社で待機状態なので会社の利益がありません。売り上げにならないので、余計な人件費を払うことになります。だから、たくさんの経験のある技術者を確保したいのですが、なかなかうまくいきません。なぜなら、うちの会社は中小企業なので募集をかけても給与の面で待遇がよくないので、辞退する人が多いのです。人材を確保することは、会社の売り上げに貢献するということなので入社してもらうのに苦労します。もし、新卒や中途採用者が入ったとしても、そのあとの技術者の精神的フォローを会社側でしないといけないので大変です。なぜなら、IT企業の技術者は体育会系の考えたの方は少ないからです。どちらかというと、繊細であり細かい性格の人が多いので技術者の確保の先に、会社を辞めないようにフォローいていくことも苦労します。

IT技術者求人の応募条件を上げると応募が来なくなる

IT系の技術者確保には、どこも苦労しているのではないでしょうか。いや、「誰でもいい」のでしたら、そりゃあ苦労もないでしょう。しかし、IT関連会社が求めるIT技術者としてはやっぱり「そこそこできる」ということが大前提条件ですからね。
とくに中途採用でITエンジニアの募集をかける場合は、「最近プログラミングはじめました。趣味で」といったようなほぼ素人さんを募集しているわけではありませんから。
中途採用でITエンジニアの募集をかける場合は、なにかしらの言語はある程度習得できているということを前提としていますので。ハッキリ言って、趣味でちょっとやっているような自称ITエンジニアならば、門前払いしたいものです。
そしてだからこそ、求人記事にはその旨も記しておくのですが、しかしそうなりますとまーあ来ないのですよね。ITエンジニアの応募が求人を出そうと来ないのです。スタート時からの正規採用でアピールしてもなかなか来ないのですよねぇ…。

IT系の技術者確保に苦労すること

わたしは、システム開発業の部長をしています。社員の技術者を確保するために苦労することはたくさんあります。ネットでの募集や人脈を利用して声をかけたり、広告代理店に頼んだりして人材確保するために常日頃行っています。常に人材を募集している状態にしてあるのですが、なかなか集まりません。募集をかけたあと、数人集まると会社で面接を行って、こちらとしては大歓迎なのですが、辞退する方が多いのが現状です。なぜなら、うちの会社は給与の面でほかのIT企業より低いのです。その給与の面を補うために退職金制度などもおこなっているのですが、やはり面接にきた人たちは、自分が望む年収と会社が出せる給与金額が納得いかないみたいです。うちの会社は、中小企業で給与が安いのを前提として若い人材、経験が浅くても受け入れるように努力をしています。未経験者でも、面接を行ったときしっかりした考えや目標があれば採用するようにしいます。入社後も、外注先に常駐している社員とまめに連絡や様子を見に行くようにしてはいるのですが、人材確保は難しいですね。

IT系の技術者確保の苦労

わたしは、システム開発の仕事をしているものです。システム開発の技術者を確保することは、大変です。人材をただ集めればよいということではないからです。新卒、中途採用、紹介、引き抜き、個人事業主などいろんなシステム開発の技術者確保の方法はあります。他の業界だと募集すると、結構集まってきますがこの業界はそうはいきません。外部に頼んで広告宣伝やネットを使って人材の募集を行っております。その他にも、就職活動をしている学生たちが集まる場所でブースを設けて、面接も兼ねながら会社を紹介したりもしています。一番いいのは、社員が外注の常駐して他の会社の社員をひぱってきてくれると一番助かります。この世界は、経験と資格が重要なので、経験のない新卒が入ってもなかなか仕事がありません。新卒が入ってきた場合、先輩の社員が常駐しているところに頼んで入れてもらう方法をとっています。先輩に教わりながら、自分で勉強しながら仕事を覚えていく感じになります。常駐先が決まらなと、給与が発生し経営が大変です。

IT系の技術者の面接で気をつけること

IT系の技術者を面接する際には、経験者か新卒かによって質問項目なども違いがあります。新卒の場合には、大学や専門学校などで学んできたこと、今までプログラミングなど経験の有無など。経験者採用の場合は、今までキャリアとして扱ってきたOS、プログラミングや保有している資格など様々なことを質問します。また、なぜ転職しようと思ったか、応募したきっかけは何かなど詳しいことを確認するようにしています。面接時には、きちんと応募した理由を確認しますし、入社後はどのような仕事をしたいかなど具体的な質問をするようにしています。長く勤務してくれることで技術力を更にアップしてもらうことができ、そしてスキルを活かした仕事をすることで職場での信頼関係も築き上げることができます。面接時には、今までのキャリアを活かしてどのような業務を行いたいか、こちらが必要としている人材かどうか、面接を行う上でじっくり話しながらコミュニケーション能力なども確認します。

IT技術者の確保は大変です

IT技術者が入社した後、転職するケースも多いので、結構大変だと感じることが多いです。入社後、数年間でかなり技術も習得してスキルもついた時に転職するといった流れが多く、特に入社後5年ほどで転職する新卒の社員も多いので、IT技術者の確保は、かなり大変だと感じることも多いです。技術を習得するにも仕事を通して経験することも多く、そして資格取得するなどスキルアップに会社側も貢献しているので、なかなかIT技術者をずっと確保するといったことは難しいと感じることが多いです。長年仕事をしていると、この人なら任せることができる。これからスキルを活かして活躍できると思っていた人材が転職するとなると、かなり厳しい状況になります。IT技術者の確保はかなり厳しいので、会社として経営状況を伸ばすためにも人材確保はかなり重要になります。人材を育てるのも時間がかかるため、なかなかIT技術者を確保するのは厳しい状況になります。

中途採用時に女性の採用がし難いケース

中途採用は「業務上の必要に応じて」行う場合が多いです。大型案件の契約が成立し多くの即戦力が必要になること‥よくあるケースなのですが、契約内容によっては女性の採用がし難いケースがあります。それは、内容的に「夜勤」が多いと予想される契約の場合です。IT業界の仕事には「クライアントのコンピュータシステムが動いていない時間」に業務を行わなければならないことがあります。土日祝、GW、夏季休暇、年末年始休暇等々、そして「夜」です。休日、休暇出勤に関しては振替を行う事でいかようにも調整できますが、「夜勤」はそうはいきません。様々な観点から「女性の夜勤」は問題となる場合が多いのです。そのため、大型案件に関わる中途採用時に、採用対象を男性に偏らせなければならないケースがあります。単純に考えて、応募が見込める層が半減する訳ですから、応募者は減ります。ましてや元々少ないIT技術の経験を持った人材ですから、「必要に応じて」採用活動を行うにも関わらず、「なかなか人材が集まらない」というジレンマが発生するのです。

理系の新卒学生の確保について

IT業界に関しては常に新しいものを生み出して行かなければいけないのでどうしても優秀な大学卒や大学院卒の理系学生を確保し続ける必要があります。以前は安定を求めたり、高収入を求めることがベースになっていますので大企業であれば学生を確保しやすかったところですが今は少しずつ変わりつつあります。学生自身が大企業に埋もれることを嫌うようになり最後は自分自身で独立して一旗あげたいと言うベンチャー精神が旺盛になってきているからです。ですから大企業であってもいつかは独立して自分自身の企業持てるような支援を行ういわゆるスピンのアップの仕組みを組み込むようになりつつあります。こうした将来的な道筋を学生に示してあげなければ大企業にもなかなか学生は集まらない状況がこれからも引き続き続くと思われます。
高収入や福利厚生が優れているだけではなかなか優秀な若い学生を引きつけられない、そんな厳しい状況はこれからも続くでしょう。