売り手市場の中にあってのアルバイト確保

現在はどのような職種であっても売り手市場であることは間違いありません。特に理系出身の学生が非常に少なくなっている中アルバイトや1時募集で採用するようなIT業界の人材に関しては非常に厳しいのが実態です。なんといっても1時採用にもかかわらず非常に高い条件を提示しなければライバルに勝てないと言うのが最も厳しいところだと言えるのではないかと思います。実際に学生や第二新卒で派遣社員、アルバイトで働こうと言う方々もいろいろな条件を確認してから募集を受けますので様々な条件をクリアして西尾に至るまでは非常に苦しいところだと思います。
IT業界に関しては昔とは違って職場環境や待遇だけではなく正社員へのステップアップなども提示していかなければ1時的な雇用とは言え採用していくことが非常に難しい条件になっているのは間違いありません
採用側も様々な工夫を凝らして他の企業とは違ったメリットを見いだすことができなければ競争に勝てない状況です。

IT系の学生の採用について

新卒採用に関しては空前絶後の売り手市場になっています。特にこれからのITを重視する時代においては、理系の技術者を確保することは欠かせません。
ですから今では企業側が採用説明会を一方的に行うのではなくここだと思った大学には採用担当がきちんと赴いてダイレクトにコミニケーションをとることで企業の魅力を伝えることが必要になってきています。また採用後もどのようなキャリアを積んでいるのかしっかりとビジョンを示してあげることが大学生にとっては安心して就職するための大きなポイントになってきます。特に技術者にとって重要なのは自分自身が単なるプレイヤーとしてではなく、マネジメントする人材として活躍することができるかどうか、さらには自分自身が自立する際の道が開かれているかどうかということも間違いなく重視されます。
希央も先輩たちの取り組みだけではなくしっかりしたスキームを見せることで学生を惹きつけることが大きなポイントになりつつあります。

IT系の資格取得者を集めるのに苦労します

IT業界では「IT系の資格取得者」を優遇する傾向があります。いわゆる「プログラマ」や「システムエンジニア」は無資格でも仕事をすることができるのですが、当然、日々の業務レベルや技術者としての力量は長く付き合わないと判断できません。そのため、派遣契約などをする際にはクライアント側から「資格取得者がほしい」と指定されるケースが多いです。これは「資格取得者=ある程度の知識と力量を持つ」という客観的な判断が出来るためです。もちろん、有資格者だから優秀な技術者‥という訳ではないのですが、無資格でも仕事ができるIT業界‥クライアント側からすれば、ある程度、客観的に評価できる基準(資格を持っているか否か)をクリアしている人材の方が安心‥と考えるようです。
当然、入社後に資格を取らせるべく研修や補助金制度は設けていますが、採用当初から有資格者である方がおのずと優遇されてしまいます。しかし「有資格者そのものが少ない」のが現状。その中から「採用試験を受けに来てくれる人材」も少ないために有資格者獲得は採用側の大きな課題となっています。

優秀な人材は簡単には出てきません。

IT業界で中途採用を担当しています。IT技術者の採用で苦労していることは人材難です。一定の給与を提示し募集を掛けても一向に求める人材と巡り合うことはありません。そもそもこの業界自体が慢性的に人手不足であり良い人材は外資系メーカーや大手システムインテグレーターが確保しているため流動していません。ただでさえ不足している中から必要な人材を集めることは至難の業でもあり、採用したとしても不満があると待遇の良い同業他社に直ぐに転職してしまうのです。優秀な技術者にとっては超売り手市場なのです。元々我が社では優秀な技術力を持つ人よりも人間力がある人を求めています。中途で採用するからには数多くのプロジェクトを経験しプロジェクトリーダーとして活躍できる人材が欲しいのです。しかし応募してくる人材には共通点があり採用に至ることはほぼありません。それは技術力や知識をアピールしてくるものの肝心なリーダーとしての能力が物足りないのです。最終的には協力関係にある他社からスポットと言う契約により賄っている現実があるのです。

パソコンマニアは通用しない

新卒採用でよくあるケースですが、学生時代に趣味や学部の関係で「プログラミングやITに精通している」という方は、即戦力が期待されます。入社後の研修などでも理解力は抜群で、すぐに業務レベルのプログラミングが出来るようになってくれます。ウチの会社ではどの新入社員でも概ね入社3か月後にはOJTとして、実践の部署に配置されます。配属当初は評判も良く、しっかりと仕事をしてくれるのですが、数年後に辞めてしまう…というケースが多いです。
プログラマやIT技術者は、最初は「パソコンと睨めっこ」して仕事をしますが、何年か仕事を経験した後に「後輩」や「得意先」とのコミュニケーションが必要になるケースが増えて来ます。特に後者はプログラミングの際にクライアントのニーズを的確に把握するために必要なのですが、上記「…精通して」入社して来る学生は、コミュニケーション能力に難がある場合があるのです。いわゆる「パソコンマニア」だとなかなか通用しない‥という現実があります。パソコンやITに精通している学生が採用試験を受けに来た際、この点を見極めるのに苦慮しています。